血小板で若返り|たるんだまぶたを眉下切開して視界良好を実現

たるんだまぶたを眉下切開して視界良好を実現

女の人

血小板で若返り

悩む女性

PRP多血小板注射とは

注射でだけでしわ・たるみ・しみなどを無くす治療に「PRP多血小板注射」があります。PRP多血小板注射は、自分の血液を利用して行う美容皮膚科のアンチエイジング注射です。血液の中には血小板が含まれています。血小板には血を止める働きと、傷跡を修復する働きがあります。PRP多血小板注射は、傷跡を修復する血小板の働きを応用した治療です。血小板に含まれている成長因子の働きで、注入した部位にある老化した細胞が新しい細胞に生まれ変わります。皮膚や血管を新しくし、そしてコラーゲンやエラスチンといった弾力物質を強化します。PRP多血小板注射は、美容皮膚科クリニックなどで一本あたり10万円ほどで受ける事ができます。

あらゆる老化に効く

自分の血液だけを使うPRP多血小板注射は、ノンアレルギーで体に無害です。注射をして2週間くらい経過すると効果が出てきます。美容皮膚科で受けられるPRP多血小板注射は、あらゆる老化現象に効果があります。コラーゲンやエラスチンの強化により、肌にハリが出てリフトアップします。そうするとほうれい線が改善します。目の下のたるみにも効果があります。目の下はとてもデリケートなエリアなので、慎重に治療をする必要があります。美容皮膚科の定番・レーザーも、目の周りは危険なので照射できないエリアです。しかし、PRP多血小板注射をすれば、目の周りの薄い皮膚も傷つけることなくたるみを治すことができます。また、目の下のクマ、しみ、そばかす、肝斑を薄くする効果もあります。