美容整形の種類|たるんだまぶたを眉下切開して視界良好を実現

たるんだまぶたを眉下切開して視界良好を実現

女の人

美容整形の種類

レディ

一生効果が続く

美容整形をすることで、生まれつきの鼻のコンプレックスを改善できます。具体的には低い鼻を高くする手術や、横に広がった小鼻を縮小する手術があります。低い鼻を高くする方法にプロテーゼ挿入法があります。T字やI字になったプロテーゼを挿入し、希望の高さに修正します。プロテーゼ挿入法は抜かない限り一生効果が続くというメリットがあります。横に広がった小鼻も、手術をすることで小さくできます。また、だんご鼻を修正して整える手術もあります。どちらもメスを使う外科手術で行います。鼻の中からアプローチして行うので、表面からはまったく傷跡がわからないのがメリットです。誰にも気づかれないでコンプレックスを治すことが出来ます。

後悔しないためにする事

メスを使う外科手術で鼻を修正する場合、効果が一生続く半面、失敗したら元に戻しにくいというデメリットがあります。プロテーゼ挿入などは、あとで抜きたくなったら抜くことができます。そしてプロテーゼを抜いてしまえば、元の状態に戻ります。しかし、小鼻やだんご鼻を修正する外科手術の場合は、一度手術をすると元に戻すのは困難です。もしも手術した結果、仕上がりが気に入らなかったら大変です。そうならないように、時間をかけてカウンセリングをする事が大切です。どういう状態にしたいのか医師に伝えて、仕上がりをシミレーションしてもらう事をお勧めします。そうすれば失敗したり気に入らなかったりといったトラブルを避けることが出来ます。